西日本設計工業株式会社 NISHINIPPON ENGINEERING

   

 

 溶銑、溶鋼の測温とサンプリングは作業環境が過酷なことから、
測温、サンプリング装置の自動化が進んでおります。
 弊社は長年の製鉄プラント設計陣の豊富な経験と技術により、
この装置を商品化したもので、多くの実績を有するメーカーであります。
 ここにご紹介する機種は代表的な構造のものでありますが、
ユーザーのニーズ設置とスペース等にマッチした設計を行う事により、
きっとご満足いただける設備が出来るものと確信致します。

測温・サンプリング装置の主な機種

傾 動 昇 降 TYPE 
ガイドフレームを
測定物側へ傾動する
構造で、作業デッキ
から測定物が離れ、
しかも上部に干渉物
がある場合に適して
いる。

 

固 定 昇 降 TYPE
昇降駆動ユニットで
ランスを昇降させる
構造で、建屋の高さ
や広さに余裕がある
場合に適している。

 

炉 側 旋 回 昇 降 TYPE
電炉作業孔から測定
する方法で、測定後
は待機側へ旋回する
構造としている。
作業床上の干渉物に
制約がない場合に適
している。

 

炉 項 旋 回 昇 降 TYPE
炉及び鍋上から測定
する方法で、測定後
は待機側へ旋回する
構造としている。
建屋の高さや周囲の
干渉物に制約がない
場合に適している。

 

炉 側 旋 回 R 昇 降 TYPE
電炉作業孔から測定
する方法で、構造的
には炉側旋回TYPE
と同構造であるが、
作業床上の干渉物に
制約がある場合に適
している。

 

2 段 昇 降 TYPE
ガイドフレームに
ランス台車を取付け
チェーンにて駆動
させる駆動量の2倍
でランスが昇降する
構造である。
建屋及び高さ制限が
ある場合に適して
いる。

 

参考写真
傾動・横行式
旋回・傾動式  
自走式

Copyright(c)2000-2009 NISHINIPPON ENGINEERING Corporation. All right reserved.